------

    【カテゴリ:スポンサー広告】

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    20081124

    首痛い

    【カテゴリ:diary】
    【コメント】

    はいどうも。

    最近めっきり忙しいふみですけども。
    昨日11月の日曜に入ってた派遣の仕事が無事終了して、
    うっすらと一息ついています。
    まだ色々仕事はあるけど一つ消化。
    次に向けてがんばります。


    最近頭の付け根(首の上?)が重くて、上を向くと首が
    痛かったんですよ。
    元々肩こりがひどいので肩こりが直らないなぁと思ってて
    毎日寝る前に暖めてたりしてたんですが、全然良くならないんですよ。
    まぁ肩こりだと思うけど、首だしなんかあったら怖いし
    夕方になると頭の付け根が痛くなるのも困るし
    ってことで、土曜日に病院に行ってきました。

    家の近くの整形外科に行ってきました。
    朝9時から行って13時まで。
    時間かかった…

    レントゲン撮ってもらって、診察してもらうと
    後頭部ってことでいろんなテストをしました。
    指・手首・肘・肩をちっちゃい丸いハンマーみたいのでこんこんと
    叩かれたり(これってかっけのテスト?)
    同じく指・手首・肘・肩の力のテストで先生が押す方向と負けないように
    力を入れるというのをしたり。
    なんだか変なのーと思いながら受けて、先生にお話を聞くと
    「頸椎椎間板症」というやつらしいです。

    人間の首の骨って横からみると四角い形をしている骨が積み重なってるんですが
    ふみの首の骨は上から3番目か4番目かが変形してて4つの角が尖っていて
    左下の角がピョンと飛び出ている形。
    これが神経にちょっとだけあたってるらしい。
    先生にしてもらった反応と力のテストでも少しだけ指先の反応が薄いんだって。
    確かに力のテストでもすぐ負けてしまってたけど。

    普通は50?60代くらいから骨の変形は出てくるんだけどねっておしゃっていて
    何度もなんかスポーツしてないかとか首の怪我をしたことないかと言われました。

    なーんもしてない(笑)

    骨の変形なので直ることはないけど、予防はできるから
    予防のためにリハビリしなさいってことでリハビリを受けることに。

    リハビリって初めて受けたけどいろんなことをさせられました。
    先生の処方箋と理学療法士の方が診て、それでメニューを決めるみたい。
    理学療法士の方に指示されるまま立ったり、歩いたり(3往復くらいした)
    上向いたり下向いたり横向いたり首を傾けたり。
    んで、診断の結果。
    ふみの腰の骨と首の骨がまっすぐになってるんだそう。
    腰の骨がまっすぐになってるのでバランスを取るために首の骨もまっすぐに
    なってるんだって。
    あと右の首から肩にかけての筋肉が固くなってしまっているので
    左に首をまわしたり、首を傾けるのがうまくできなくなってるんだそう。
    言われるまで全然気づかなかった!

    腰が悪いことが首にも来てるのでストレッチと腹筋をしろ!って言われました。
    やっぱりねーって感じです(苦笑)

    …ここまできて、骨の変形をストレッチで軽減ってなんで?と感じたので
    調べてみました。


    頸椎症とは
     頸椎の椎体骨(ついたいこつ)の骨棘(こっきょく)(とげ状の突起)形成、椎間板(ついかんばん)(椎体と椎体の間にあってクッションの役割をしている)の後方突出、靭帯(じんたい)の石灰化、骨化などによって、脊髄から出て肩や腕に行く神経(神経根)または脊髄(せきずい)自身が圧迫・刺激を受ける病気です。
     頸部の症状としては、肩や首の筋肉が緊張し(肩こりなど)、圧痛がみられます。また、頸部の前屈や後屈時に後頸部から肩、上肢に放散する痛みが現れます。
    goo ヘルスケア


    まさしくふみの症状です。
    頭の痛くなる肩こりはこっから来てるのかな?
    むーん。

    ストレッチと腹筋がんばろ。
    スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。