------

    【カテゴリ:スポンサー広告】

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    20100725

    『プレシャス』※ネタばれ含みます。閲覧注意!


    今日のBGM
    ゴンチチ BEST
    GONTITI『BEST



    スポンサーサイト

    【カテゴリ:Move】
    【コメント】

    土曜日の仕事帰りに映画を見に桜坂劇場へ。

    「プレシャス」を見に行ってきました。
    映画を見に行く時は大体土日の朝か平日の最終、ってのが多いので
    土曜日夜の人の多さにびっくりした(笑)

    時間があったので中のcafe「cha-gwa」でごはん。




    タイカレーです。

    うまし。
    ついてたヨーグルトがねばねばで自家製ぽかった。

    そして「プレシャス」を…



    『プレシャス』

    あらすじ
    1987年のニューヨーク・ハーレムで、両親の虐待を受けながら希望のない日々を生きる黒人少女プレシャス。レイン先生に読み書きを習い、つたない文章で自分の心情を綴り始めたプレシャスは、ひたむきに人生の希望を見出していく。サファイアの小説「プッシュ」を、「チョコレート」で製作を務めたリー・ダニエルズが映画化。マライア・キャリー、レニー・クラビッツ、ポーラ・パットンらが出演。2009年のサンダンス映画祭でグランプリ、第82回アカデミー賞で助演女優賞と脚色賞を受賞した。



    というわけで、重い映画でした。
    ところどころ笑えるとこもあったけど。

    なんと言ってもね!
    お母さん役のモニークがキョーレツです。
    よく着けてた花柄がのびたロンパース?ボディースーツ?あれもスゴいし
    脇毛見せて踊ってたのもスゴい(笑)

    先生役のポーラ・パットンが美人。

    マライア・キャリーの淡々としたソーシャルワーカーもよかった。

    レニー・クラビッツの役はそんなに重要じゃなかったような気がした。


    お母さんが父親から娘への虐待の始まりを語るところは本当に悲しかった。
    娘の痛がることはして欲しくなかった気持ちと
    旦那を娘に取られたと感じる気持ち
    ぐちゃぐちゃのまま時間を重ねてあんなになっちゃったのかな。
    見た後もすっきり!って感じる映画じゃない。
    映画が終わったあともプレシャスの苦難は続いていくし。
    でもお母さんに話しかけた言葉はもう
    「娘」ではなく1人の女性から女性への言葉になっていたと感じたな。

    むーん。

    色々考えさせられた映画でした。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。